コンセプト

コンセプト

ご家族にとって、どこよりも家がいちばん、たのしい場所であるべき。そして、いちばんたのしい場所はまた、家族を守ってくれるいちばん安心できる場所であるべき。耐震性や断熱性など、家に求められる「あんしん」のための性能やスペックを充分に満たした上で、夢みていた生活、暮らすことが「たのしい」家を実現するために。ファンハウスは、器としての家をデザインするだけではなく、これからの暮らし方やご家族のコミュニケーションや関係性までもデザインしていきます。

ファンハウスの「イエ・スタディー」ご家族のために家づくり勉強会をはじめることからはじめます。
お客様は、私たち住宅業界のこと、土地をめぐる不動産のこと、予算のこと、目に見えるところ、少し不透明なところ。マイホームの夢を膨らませながら、どこまで「家づくり」のことをご存知なんだろう。今までファンハウスがずっと、心の中で感じてきた疑問や葛藤でもあります。人生の中でいちばん大きな買い物をされるのだから、お客様自身が目先のことではなく、きちんと学んで、ちゃんと知るべき。そこで、ファンハウスではご家族のための勉強会「イエ・スタディ」を始めることから始めています。
家づくり勉強会
しっかり学んだ上で、もし、私たちの会社に家づくりをお任せいただければもちろん嬉しいけれど、最終的に他社を選ばれても全然かまいません。高知のハウスメーカーとして失敗しない、後悔しない家づくりのお役に立ちたいだけです。

ファンハウスの
いえいえ、イエス
正直な家づくりをめざす
ファンハウスの
ここが強み、ここが弱み
けっして安くはありません
それはお客様にとってはウィークポイントなのかもしれません。確かに安さも大切なことですが、リスクもあります。値段も、性能も、結構不透明な部分があります。私たちは根拠を持って選んで提案しているので「安くないのはこういう理由からです」と、一つ一つ、すべて説明ができます。わかりずらい中身のこともわかりやすく説明します。
打ち合わせはたっぷりと
失敗しない、後悔しない家づくりのために、とにかく打ち合わせをたくさんします。その上で図面もたくさん描きます。提案します。工期もきちっと余裕を持ってとっています。中にはじれったく感じるお客様もいますが、じれったいほど慎重に丁寧に進めています。
坪単価でお答えできません
お客様からよく「坪単価いくらですか」と問われることがあります。ですが、木造か、鉄骨かでも単価は全然違ってきますし、どんな材質のものを使っているかでも異なってきます。つまり、一つの目安にも何もならないということ。だからファンハウスはお答えしていません。数字のからくりにごまかされないでください。
なぜ性能を疑わないの ?
南海トラフ地震が待ち受ける高知ではなおさら、家の性能等級を求めるお客様が多くなってきました。その高性能の家はバラツキがないようにみえるけれど、どんな住宅メーカーでも、その土地に建てるのは、人の手なんです。人の手が立てる以上、建てる人間の技術、キャリアによってバラツキが生じるのは当たり前。どんなに性能をうたっても、はたして本当にその性能を発揮できているのか。疑う目も持ってください。ファンハウスには信頼できる大工がいます。
性能等級で
安心をやりくりする
今、性能等級だけが一人歩きしていますが、では耐震等級2はどのぐらいで、3ならどうかと、わかっている人は意外に少ないようです。まずは家が建っている場所がいちばん大事。等級3の家を建てても基礎から軟弱だと意味がありません。地盤の良いところの建てる、それが大原則です。また、等級3以上になると規制も多くなりますから、間取りを楽しみたいというご家族は2でいいと決められるケースも。ファンハウスでは地盤や建てる技術なども踏まえて安心安全面をやりくりしていきます。
”快適„は数値化できません
断熱はどうか、気密性はどうか。それを数字で語るメーカーも多いですが、寒さ、暑さは案外、数値化しにくいものです。それよりも自分が選んだ照明やテーブル、家具に囲まれて暮らすことの方が、そのご家族が求める性能をいちばん満たしているかもしれません。そんな家づくりをお手伝いしたいと思っています。
注文住宅って、
どこからが注文 ?
ファンハウスはお客様のオーダーに合わせてつくる、建てる注文住宅が基本です。では、注文住宅って、どこからが注文 ?まず、住宅会社を選ぶことから、その注文は始まっています。一旦、契約してしまうと途中で辞められない。違約金が発生したり、すでに建て始めていると最悪です。そこで建てざるを得ません。その一歩が大事です。
できるのに、
できないとは言わない。
すべてではありませんが、大きな会社ほど、お客様の要望に対して、本当はできるのに、できないということがあります。手間がかかってコストが上がってしまうからです。でも反面、できないということでコストを安く抑えるメリットもあるのでなんとも言えません。ファンハウスは会社都合の効率性を求めて、できないと言わないけれど、その分、どうしてもコストが上がってしまう。残念ですが、そこが弱点です。

PAGE TOP